ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

その他ガジェット

Elephone ELECAM Explorer Sのファーストインプレッション。付属品多めで夢ひろがりんぐ

2017/09/20

$40未満で買える4KアクションカメラのELECAM Explorer S、中華ガジェットであるという点を許せればかなりの高コスパアイテムです。

[参考]Elephone ELECAM Explorer S - Gearbest

今回はファーストインプレッションとして、届いてから一日強とりあえず使って見た感想をまとめます。

スポンサーリンク

ELECAM Explorer Sのファーストインプレッション

ELECAM Explorer Sは中華スマホブランドのElephone社による4Kアクションカメラです。
Go Proの一番安いものの半額以下で購入が出来、さらにオプションもかなりついている優れもの。

※ただし、その他スペック面においてはどっちに優劣もつけがたい部分があったので、あとは好みによると思います。
[参考]Go Pro HERO SessionとElephone ELECAM Explorer Sのスペック比較

僕個人としては入門用(というか、使うか使わないかわかんない程度の人)にはExplorerが良いかなと。
使う理由がハッキリしていて、簡単な操作性でさっくり使いたい人にはGo Proが良いかなと思います。

それでは僕が開封してから感じた点などについてです。

届いたらまずはパーツチェック

Explorer Sはとにかく最初から付属しているオプション類が充実しています。

そのため、届いた時にはパーツの多さに少しげっそりしちゃうかもw

一応開けて、一つずつ確認しておきたいところですね。

左上から防水ケース、自転車用ブラケット、アームパーツ1、アームパーツ2(長いポールが一本刺さってますが、アームパーツ1と共有)、簡易ケース、回転用ベース、アームパーツ3、アームパーツ4、アームパーツ5、回転用パーツ、ヘルメット固定ベース(平面用1つ、曲面用1つ)、バンデージ(バックルで固定できるヤツ2つ、マジックテープ固定のヤツ2本)、防水ケースの予備、結束バンド、粘着マットの予備、ワイヤーケーブル、USBケーブル、マニュアル、クリーニングクロス・・・です。
※Pedestal、Switch Supportは便宜上「アームパーツ」で統一させて頂きました。

実際にはこれプラス、簡易ケース用のクリップ(ベルトなどに固定可能)がついてきます。
また画像では3Mの粘着マットとなっていますが、実際には特にブランドロゴの入っていないものでした。

パーツの組み合わせは発想力次第

一応マニュアルには2~3つのパーツの組み合わせが載っています。

基本的にはこんな感じのアームパーツを組み合わせて、

こんな感じにして、粘着テープでヘルメットなどに固定し、自転車走行中の動画を撮影するとかになります。

固定ベースにはクリップでいろんなパーツを付け替えられるようになっているので

こんな感じにもなりますね。
なんか妖怪でいたな・・・こんなの。

自転車に固定できるパーツも初めからついています。
セルフィ―するのもこれがあればいけるのかな。

アクションカメラを棒にくくりつけて遠くへ飛ばす的な動画を観た事がありますが、カメラ自体の耐久性はさておき、そういうことも可能なわけですね。

バンデージを駆使すれば、こうやってミニカーなどに括りつけて情景を撮影することも可能です。
夢が広がりますね。

こうしたアームパーツ類は基本的にスライドクリップか、ポールと呼ばれるネジ状の器具で固定されます。
ポールはグリップがついているので手でひねってやれば簡単に開け閉めができるようになっています。

簡易ケースでもやっぱり重い

Explorer Sの本体自体はGo Pro Sessionよりも軽いんですが、これを固定しようといろんな器具をつけていけば当然重くなります。

一番軽い簡易ケース+クリップという組み合わせにしても、そこそこ重いので洋服の胸ポケットぐらいだとうまく固定できません。
固定はできるんですが、プラプラしちゃうというか・・・うまい絵が撮れないように思います。

クリップの強度はまあまあ強く、ベルトのバックルにつけるためのものみたいですが、使い勝手やスマートさに若干欠ける印象ですね。

クリーニングクロスは嬉しい

この商品には最初からクリーニング用のクロスが付属しています。
スマホなどにも使えるマイクロファイバークロスなので、レンズとかをガンガン拭いていけます。

レンズはうっかりさわっちゃって手の脂がついてしまうことが多いので助かりますね。

キュキュッと拭いてあげればこの通りです。

・・・まだ拭きが甘かったかな・・・。

ちいちゃくて可愛い

Explorer Sを防水ケースから取り出して最初に思ったのは、「かわいい!」ってところですね。
一昔前に流行ったトイデジカメを彷彿とさせる感じです。

しかもデザイン的にもちょっとレトロなカメラを意識した感じがあって、パソコンの近くにちょこんと置いておいても絵になる感じがあります。

Go Pro Sessionのキューブ形状もあれはあれで現代的な可愛さがありますが、こっちはまたアプローチが違う印象ですね。

4Kは要らない

さて、実際に使って見た感想です。

4K撮影がウリのアクションカメラですが、個人的には2Kで十分でした。

というのも、僕のパソコンだと4K動画がまともに再生できないんですね・・・。
タスクマネージャで確認してもCPUをいっぱいいっぱいつかって、カクカクの再生しかできないんです。

4Kはまだまだ再生側に問題が残っていると言われていますが、まさか自分の環境でそれを体験することになるとは思いませんでした。

どうしても情報量が多くなるためサイズも大きくなりがちなので、こだわりの映像を撮影したいのでなければ2Kまたはそれ以下の画質で十分な気がします。
※設定画面から設定可能です。

Micro SDアクセス時にちょいちょいフリーズする?

1日強つかっていて、何度となくMicro SDへのアクセス時にフリーズする現象が起きました。

これは僕が使っているMicro SDの規格や古さによるものなのか、それとも仕様上の仕方ない点なのかの判断がついていないのでExplorer Sを責めることはできないのですが、実際に起こったことなので一応書いておこうと思いました。

もしフリーズしてしまった場合には電源ボタン(モード切替ボタン)を長押しして強制終了し、ちょっと待ってから再起動すれば使えるようになると思います。(僕の場合がそうでした)

おわりに

とりあえず、こんなところです。

昨日ガンガン使おうと思って一昨日の夜に充電しておいたのですが、出先で電源をつけようと思ったら電池切れという事態になり、屋外での撮影はほとんど試せていません。

ただ、室内でいろいろ撮影してみた感じ、やっぱり面白いですね。
ドローンに乗せていろいろ撮りたい気持ちもわかりますw

ただこれ、衝撃に弱いアクションカメラらしいので、あまり乱雑な使い方ができないというのはちょっとネックかもしれませんね。

[参考]Elephone ELECAM Explorer S - Gearbest

-その他ガジェット
-

スポンサーリンク