ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

タブレット・スマホの基本

中華Windowsタブレットのタッチスクリーン異常…マッピングがめちゃくちゃ問題

どうやら中華タブレット固有の問題らしいですが、Windows 8からWindows 10へのアップグレード、またはWindows 10のクリーンインストールを行うことでタッチスクリーンのマッピングがめちゃくちゃになるという症状があります。

この度僕も無事この症状を体験することになりましたので、ことの顛末をメモしておきます。

スポンサーリンク

中華Winタブでマッピング異常が起きた時にやること

僕の場合はOnda oBook 20 Plusを初期化した際にこれが起きました。
初期化終了後に起動した時、画面の中央をタップしても上の方が反応したり、Windowsボタンを押してもタスクバーが反応したり、かなりむちゃくちゃなマッピング状態になってしまったんです。

以前他のタブレットでは裏蓋をあけてデジタイザのケーブルを抜き差ししたりしましたが、今回のoBookに関してはDual OSのRemix側ではマッピング異常が起きておらず、Windowsの問題であることは明らかでした。

ドライバーの更新やらタッチ感度の調整やら、再度クリーンインストールするやらをやりましたが一向に解決せず。

結論から言えば、oBook用のタッチスクリーン公式ファームウェアをアップデートする、ということだけ。

参考にしたサイトはこちら。
[参考]ONDA oBook 20 Plus をシングルブート/クリーンインストールする際の備忘録。

こちらで紹介されていたファームウェアのリンクは切れていたので、僕は「oBook 20 plus driver」などで検索してこちらにたどり着きました。
[参考]デュアルOSタブレット『Onda OBook 20 Plus』のクリーンインストールしてしまったときの対処法

要は、OndaのoBookであればSileadTouch.sys、SileadTouch.inf、SileadTouch.fw、SileadTouch.catなるファイル群をInstall.cmdを使ってインストール(Install.cmdを右クリックして管理者権限で実行)すればOKという簡単な解決方法でした。
・・・って、それを見つけるまでが全然簡単じゃなかったですし、前人がいなければ絶対にたどり着けない答えでしたが・・・。

※実行前に念のためウィルスチェックぐらいはしておいた方がいいとは思います。

デバイスマネージャでは正常

今回の件で注意したいポイントとしては、デバイスマネージャを見た時にはドライバーが正常にインストールされているかのように表示されている点です。

その為「おかしいのはドライバーじゃないのかも」と思ってしまいがち。

でもデバイスマネージャのログを見てみると「デバイスが移行されませんでした」などとなっているあたり、若干怪しい気もしてはいたんです。(これがまんまエラーのログというわけじゃないでしょうけど・・)

一連の作業はUSBマウスで

ちなみにファームウェアの更新を行うにしても画面が正常にタッチできないんだから無理だよ!と思うかもしれませんね。

ハッキリ言って、タッチでどうにかするのは無理だと思います。
というのも、たとえば「右が左」「上が下」のような規則的に狂っているのならまだしも、僕が試した限りだとそんな単純な異常ではなかったからです。

そこで、僕はちょうど家にあったUSBのマウスをUSB OTGケーブルにつないで事なきを得ました。
タッチスクリーンの挙動が正常じゃないだけでマウスなら普通に使えます。

もし家にUSBマウスがなければ100均にて300円程度で買えますし、最近はスーパーやホームセンターでも取り扱っているので一つ持っておくといいかもしれません。

おわりに

今回はあくまで僕のOnda oBook 20 Plusで起きた悲劇でしたが、調べているとCHUWIなどのWINタブでも発生しているようなので「中華Windowsタブレット」というくくりにして記事にさせて頂きました。

似たような現象が起きて困っている方のお役に立てたら幸いです。

-タブレット・スマホの基本

スポンサーリンク