ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

タブレット・スマホのえらびかた

タブレットでもWindows 10 Proを選ぶべきか、Windows 10 Homeでも十分か?

2017/01/15

Windowsタブレットの多くは、OSにWindows 10 Homeを搭載したものとなっています。
特に最近の中華タブなんかはほぼほぼWindows 10 Homeですね。

でも、中にはWindows 10 Proが選べるものや、そもそもProが搭載されているものも存在しています。

Windows 10 HomeとWindows 10 Pro、タブレットの場合にはどちらを選ぶのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

Windows 10 Proで出来ること

Windows 10 HomeとWindows 10 Pro、その二つは基本的な仕様は変わりません。
どちらもWindows 10ですし、Windows向けのアプリが動くOSです。

特にiOSやAndroidとの違いに比べたら、Windows 10 HomeもWindows 10 Proも「同じもの」と考えられるかもしれません。(乱暴な言い方ですがw)

では何が違うかというと、Proの方は小規模ビジネスユーザー向けにいくつかの特徴的な機能がある点があげられます。
ここではその機能を3つ抜粋しました。

 

ウィンドウズアップデートを遅らせられる

Windows 10 Homeのユーザーが頭を悩ませている問題の一つに「自動的にアップデートされる」というものがあります。
これはWindows 10の根幹となる思想部分にあった「常に最新バージョンを提供」ということに起因しているようです。

厳密にはWindows上で「アクティブじゃない時間」を設定でき、その時間に行ってくれるものですが、僕は何度となく作業途中のまま放置して寝てしまい、翌朝パソコンの前に座ったら全部消えてた・・・みたいな経験をしていますw
※何度かやったなら学習しろって話ですが・・・。

Windows 10 Proには「Windows Update for Business」という拡張機能があり、アップデートを最大8カ月遅らせられるそうです。
これによって、意図しないタイミングでの最新版へのアップデートが避けられるようになります。

遠隔操作ができる

Windowsの上位モデルにはリモートデスクトップという遠隔操作機能がついていました。
僕もXPの頃はProfessionalを使っていたのでこの機能を利用したものです。

Windows 10 Proには「Windows Remote Desktop」というリモートデスクトップ機能が備わっています。

リモートデスクトップを機能させると、外部端末からWindows上にログオンして作業をすることが可能。
いろいろ設定は面倒ですが、自宅から会社のパソコンを動かして仕事をする、なんてことができて便利だったりします。

ビジネス向けのストアが使える

Windows 10 Proには「Business Store for Windows 10」という機能があり、企業がプライベートアプリストアを作れたり、ビジネス向けアプリの一括購入が可能になったりします。
詳しくは僕の無知でよくわかりませんが、とにかくビジネス向けのストアが解放されるという感じだと思われます。

タブレットで必要かどうか

では、これだけの機能が果たしてWindowsタブレットで必要なのでしょうか?

そのあたりはもちろん本人の使い方次第によるところです。
もし家や外出先で趣味として使うためのタブレットであれば、個人的には要らないかなとも思います。

ここからは僕の個人的な見解ですw

アップデートを遅らせられるのは少しだけ便利ですが、前述のとおりアップデートのスケジューリングは一応できるので問題ないかなと。

リモートデスクトップも、そもそも持ち歩くことが前提のタブレットなので、遠隔操作をする状況が思い浮かびません・・・。
※ちなみにRDPWrapというソフト?やChromeのリモートデスクトップ機能を使えばHomeでも遠隔操作は可能らしいです。

ビジネス用途であればビジネスストアアプリは必要だと思いますが、個人の趣味利用であればこの機能は必要ないですね。

そういった意味でも本当にビジネス向けなのがProなんだと言えますね。
ミドル?ハイスペックで、ビジネス用途を前提に購入するタブレットならProを検討する価値があるかもしれませんが、僕には今のところ必要ないかなと思いました。

あとからアップグレード可能

ちなみにWindows 10 HomeからWindows 10 Proへのアップグレードは後からでも可能です。

Windowsの[設定]→[更新とセキュリティ]→[ライセンス認証]→[ストアへ移動]と進めば「Windows Proへアップグレード」というページへ遷移します。

windows-pro

ここでライセンスを購入することが出来ますし、Proの機能の一覧も見られます。
ライセンスの価格は執筆時点(2017年1月14日)で13,824円。

Homeを使ってみて、物足りなかったらProにするという方法もアリですね。

おわりに

というわけで、僕個人の見解としては、個人の趣味レベルであればProは要らないかなーというところに落ち着きました。

・・・が!
Windows 10 Proの機能すべてを把握しているわけではないので、もしかしたらもっと便利なのかもしれないですけどね・・・。

ただ、少なくとも僕ぐらいの初心者タブレッターにはHomeで十分かな・・・。

-タブレット・スマホのえらびかた

スポンサーリンク