ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

タブレット・スマホの基本

タブレットの容量が足りなくなるその前に。Micro SDカードの種類と名称まとめ

タブレットを使っていて、容量が足りなくなった時は、iOS以外の端末であればたいていMicro SDカードスロットがついています。

スペック表をみると、何ギガバイトまで対応しているのかが書かれているので、その範囲内でSDカードを購入すれば基本的には使用可能です。

が、ショップで見てもSDカードにも種類がありすぎて、なにが何やらわからないというのが現状です。
そこでSDカードの種類についてまとめました。

スポンサーリンク

SDカードの種類まとめ

SDカードには容量制限によって3種類、転送速度を決める規格が2種類存在しています。

SDカードの容量を分ける種類

SDカードは現在128MB~2TBまでの容量をカバーできるようになっています。
それぞれ使える最大容量に応じて3種類の名称があります。

名称 データ容量
SDXC 64GB~2TB
SDHC 4GB~32GB
SD 128MB~2GB

容量に関しては上位互換があるため、SDXC対応のMicro SDスロットであれば、SDカードとSDHCカードが読み取ることができます。
※逆にSDHC対応のMicro SDスロットでSDXCカードを読み取ることはできないということ。

つまり、タブレットのスペック表をみた時に「Micro SDカード32GBまで対応」となっている場合、SDHC用のカードスロットだということになります。
この場合にSDXCカードを購入してしまうとSDHC用スロットでは基本的には読み込むことができません。

ちなみにSDHCのHCはHigh Capacityの略で、”高い容量”ということ。
XCはExtended Capacityで、”広い容量”ということを意味しています。

転送速度の規格

SDカードには転送速度を決める規格としてSD Speed ClassとUHSという2種類が存在しています。

SD Speed Classは最低転送速度を決めるもので、Class2~Class10まで5段階存在しています。

SD Speed Class 最低転送速度
Class 2 2MB/s
Class 4 4MB/s
Class 6 6MB/s
Class8 8MB/s
Class10 10MB/s

たとえばClass2のSDカードを使って、1枚1MB程度の写真100枚をデジカメからパソコンに転送しようと思った場合、すべての写真を転送するのに50秒近くはかかる可能性があるということです。

高画質での動画撮影など、毎秒大きなデータ転送が必要となる処理にはClass10などスピードクラスが高いものを使用することが推奨されます。

UHSはUltra High Speedの略で、さらに早いスピードクラスを表します。
UHS-I、UHS-IIというインターフェースを持ち、それぞれ最大転送速度が異なります。

スピードクラスはClass1、Class3が存在していて、UHS Class1はSD Class10に相当します。
※UHS Class3なら最低30MB/sに対応

スピードクラスも対応する機器とカード側の規格がマッチしていない場合には、理想の転送速度は出せません。
つまりUHS-II Class3のSDカードを用意しても機器側がUHSに対応していなければSD Speed Classでの速度しか期待できないということになります。

サイズについて

SDカードには大きさの規格も3つ用意されています。

一番大きいのがSDカード、二番目に大きいのがMini SDカード。
タブレットで使用されるものは一番小さいMicro SDカードです。TFカードとも呼ばれます。

それぞれスロット規格が異なれば仕様できません(物理的にささらないので)。

が、アダプターを用意することで、SDスロットにSDアダプターをかませたMicro SDを挿してデータを読み書きするなどが可能になります。

-タブレット・スマホの基本

スポンサーリンク