ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

その他ガジェット

CHUWIのSurfaceみたいなタブレット「SurBook」発売!Surface Pro 4およびiPad Proとの比較

2017/12/23

先日紹介した、CHUWIのSurBookの発売がGearbestにて開始されました。
[参考]Microsoft Surface 3みたいなCHUWI SurBook miniが登場!スペック比較とセール情報について

スペック的にはMicrosoft Surface 3よりは優れていて、価格が$300未満という「Surface風コスパ端末」といった感じです。

ただ、Surface 3って2年前の端末なんで・・・こうしたモバイルやラップトップの業界においては比較対象にしちゃいけないアイテムですよね。
いくらそっくりだからって、それと比べて「勝ってる!」なんてお粗末すぎますw

なので、今回はGearbestで大々的に比較しているとおり、Surface pro 4とiPad Proを比較対象にしてみました。

もちろんスペック面では絶対に勝てないんですが、それでも何かしら良いところが見えてきたら「ある意味勝ち」みたいな感じにしたいと思っています。

ちなみに端末は初期セール期間中で、今記事を執筆している時点ではまだ$249.99で購入可能でした。
もう少ししたら$269.99および$279.99になる予定です。

セールページはこちら。
[参考]CHUWI SurBook mini Flash Sale - Gearbest

スポンサーリンク

Surbook Mini、Surface Pro 4、iPad Proの比較。

Gearbestにて紹介されていた画像がこちら。

無茶しやがって。。。。

なんとなくスペック面で「負けてないよ!」っていう感じを演出しているっぽいですが・・・これを真に受けちゃいけません。
決してウソは書いてないですが、どう考えてもスペックは劣ります。

スペック詳細の比較は以下。

SurBook Surface 4 pro iPad Pro
CPU Intel Celeron N3450
クアッドコア 1.1GHz-2.2GHz
Intel Core m3-6Y30
デュアルコア900MHz-2.2GHz
Aplle A10X
ヘキサコア -2.38GHz
メモリー 4GB 4GB~ 不明
ストレージ 64GB eMMC 128GB~ 64GB~
Micro SD 128GBまで対応 対応 非対応
OS Windows 10 Windows 10 Pro iOS 11
画面 10.8インチ
1920 x 1280ピクセル
12.3インチ
PixelSenseディスプレイ
2736 x 1824ピクセル
10.5インチ~
Retinaディスプレイ
2224 x 1668ピクセル~
バッテリー 8000mAh 最長約9時間のビデオ再生 30.4Wh~
ビデオ再生最大10時間
ネットワーク Wi-Fi: 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth: 4.0
Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 4.0
Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 4.2
カメラ 2MP / 2MP 8MP / 5MP 12MP / 7MP
外部端子 USB 3.0 x 2
USB Type-C
3.5mmオーディオジャック
USB 3.0
Surface Connect
Mini Display Port
3.5mm オーディオジャック
カバーコネクター
Lightningコネクタ
3.5mmオーディオジャック
Smart Connector
サイズ 26.8 x 18.3 x 0.88cm 29.2 x 20.1 x 0.84cm 25 x 17.4 x 0.81cm~
重さ 748g 766g 469g~
価格 $279.99 77,598円 75,384円~

どうでしょうか。
それでもMicrosoft Surface Pro 4は2016年のものなので、最新版じゃないんですよね・・・。

ちょっと見ていってみましょう。

基本スペックがそもそも弱い可能性

Gearbestに載っていた画像だと、CPUスペックがほぼ横ばいであるかのような書き方でした。
特に4コア4スレッドが強調されていたので、SurBookの方が性能良さそうな印象もあります。

実際、SurBookに搭載されていたN3450というCPUはIntelの第7世代モノなので、Celeronとはいえ非凡な才能を発揮してくれるヤツに違いはありません。
passmarkのテスト結果でも1800点台のスコアを叩いていました。
※追記:間違えてました・・・。N3450はAtomの後継となるプロセッサーらしいです。

Surfaceの方はそれよりも1世代前のCore m3プロセッサーです。
ただ、やっぱりCeleronに比べた性能は高く、passmarkでは3000点台となっていました。

iPad Proはタブレット用SoCなので単純比較はできませんが、言わずもがな・・・といった感じです。
Antutuスコアでは唯一(だったかな)の20万点オーバーなチップ性能となってます。

また、メモリー数も同じかのように書かれていますが、であればiPadはiOSに適した使い方ができるようになっているようなので、同じ要領でも使い勝手は違いそうです。

そもそも比べちゃダメ・・・?

カメラのスペックも、当初は5MP / 2MPとなっていたと記憶していますが、2MP / 2MPになっていました。
まぁ、これがノートパソコンの代わりだと思えば、むしろカメラなんて要らないぐらいなんでいいんですけどねw

あとはサイズが小さいくせに重いとか、ツッコミどころはありますが・・・よくよく考えたら価格は半額以下なんですよこれ。
そもそもがこういう比較をしたのが間違いなんじゃないかと。

と言っても、確かに処理能力はやや劣るとはいえ、Celeron N3450って全然使えないCPUというわけではないんですよ。
僕も実際CHUWIのラップトップで使いましたが、普通です。
ブログ更新等に使うのなら問題ありません。
※Anti-マルウェアサービスとかが走ったり、Win10のアップデートに時間がかかったりはありました。

他のスペックもそこまで見劣りするような部分もありませんし・・・、なんかGearbestが無茶させた理由もわかるような気もしてきましたw

なんだったらUSB3.0ポートは2つもついてますしね。
いやこれ、比べてもいいのかも・・・?

問題はキーボードとスタイラスだ!

SurBookですが、Surfaceみたいなキックスタンドが背面についています。
125°までスムーズに傾けることが可能で、好きな角度で固定できるそう。

うん、もうSurfaceだなこれは。

そうなると問題はキーボードです。
Gearbest担当者によれば、12月発売とのこと。

どうせどちらも送料はかからないはずなので、別々に買えばいいだけなんですけど、やや面倒ではありますね^^;

あとは今回のセールにおいてスタイラスが$2.99とかで購入可能なんですが、これが対応品なのかどうかも怪しいところです。

おわりに

というわけで、やっぱりさすがにSurface Pro 4やiPad Proには勝てなかったものの、価格を考えたら(不本意ながら)「負けてない」っていう結果になってしまったSurBookでした。
※スペックを追いながら記事を書いていったので、当初はもっとぼろくそに書く予定だったのにw

Surfaceっぽい端末が欲しかった人は選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

[参考]CHUWI SurBook mini Flash Sale - Gearbest

Gearbestでの買い物方法

※Gearbestでの買い物の仕方はこちらの記事で紹介しています。
[参考]中華ショッピングサイトGearbestでのオーダー方法や注意点

Gearbestでクーポンを適用させる方法はこちら。
[参考]Gearbestでクーポンを使う方法。

-その他ガジェット

スポンサーリンク