ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

タブレット・スマホのレビュー

OUKITEL U13の開封レビュー。格安スマホとは思えない高級感と妥協すべき点

気になっていたスマホ・・・いや、ファブレットと呼んでいいでしょう!
OUKITEL U13が届いたので開封レビューします。

OUKITEL U13は中国のブランドOUKITELによる5.5インチ格安スマホです。
$100台でオクタコア、3GBRAM、64GBの大容量ストレージに、1600万画素カメラが備わっており、性能面だけを見たコスパで言えば、かなり高い部類に入るんじゃないかと思われます。

スポンサーリンク

OUKITEL U13 開封レビュー

オーダーから約14営業日で、Gearbestから送られてきました。

ちょっといいところのお菓子の箱みたいな感じです。
ここにフィナンシェとかマカロンが入ってても違和感ないw

ボックスサイドはこんな感じです。
今回ゲットしたモデルは2色展開のうち、グレーです。
※公式画像ではローズピンクのようなものもありました。まさにアレを意識しているとしか思えないw

箱の中にはファブレット本体+クリアカバー、Micro USBケーブル、USB端子のついたアダプター(海外用のヤツ)、クイックガイド、製品保証書、SIMスロット用のピンが入っていました。
必要最小限の内容物ですが、クリアカバーが最初からついているのは嬉しいところです。

アダプターは日本のコンセントにはさせない端子形状となっているので、別途用意する必要があります。(今までのスマホで使ってたヤツで問題ないです)
ここは格安ゆえの妥協すべき点かもしれません。

本体各部レビュー

まず、前面と背面はこんな感じです。
どちらもまだカバーのシールがついた状態です。

表面はロゴが入った保護シールが貼られていました。
OUKITELと書いて「ウキテル」と読むみたいですね。

背面も初期状態からつけられていたクリアカバーの下(本体)に各部説明用のシールが貼られていました。
説明によれば、このシールは剥がしたあとも「重要なことが書いてあるからとっておいてね!」とのことです。

底部にはスピーカー2基とMicro USB端子(充電&データ送受信用)、マイク穴用のが開いています。

上部はイヤホンジャックの他に赤外線通信用のランプが設置されています。

サイズ感

実際に僕が普段つかっているアイテムと比べたらこんな感じ。

Priori 3の4.5インチに慣れてると、5.5インチは大きいですね。
僕はiPhone 6が発売された時に6 Plusが欲しくて予約までしたんですが、結局iPad Air 2が欲しくなって辞めてしまった過去があります。

その時にiPhone 6 Plusを使っている人を見ては「でか!!!」と思いましたが、その後は「やっぱり画面大きい方がいいよな」と思うようになりました。
そこに5.5~6インチというのはやっぱりファブレットとしてちょうどいいのかもしれません。

逆に7インチのFireと比較すると断然小さいですね。
そう思うと「タブレットの代わりとして使える」とは言えなさそう。
やっぱりファブレットはスマホとタブレットの中間という位置なんだなと実感します。

付属していたクリアケースを外すとこんな感じ。
やっぱりどことなくアレに似ている部分もありますが、背面はアールがあったりと、昔のZenFoneのような感じもあります。

そのうえ格安スマホにありがちなプラボディではなく、メタル製の高級感がある仕上げなのは嬉しいところです。

カバーはシリコン製の薄い素材なので、カバーを外しても厚みがそこまで変わりません。
滑り止め防止的な意味合いでカバーをつけることになるかな・・・。

ただ、カバーを付けたままだとSIMスロットの開閉ができないという難点があります。

SIMスロットについて

付属のSIMスロット用ピンを使ってSIMスロットを開けることができます。
SIMの向きは背面側に端子面が来るようにセットします。

Micro SIMが1つと、nano SIMが1つセットできるデュアルSIM仕様になっていますが、nano SIMのスロットはMicro SDカードと共通になっているので、Micro SDカードを使いたい場合にはMicro SIMしかセットすることが出来ません。

ただ、そもそもストレージが64GBと大容量なのでMicro SDカードを使わなくても特に問題はなさそうです。

また、販売店舗のGearbestではDSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)との表記がありましたが、片方に4G、3GのSIMを挿した場合にはもう片方が2Gとして認識される仕様のデュアルSIMなので、日本ではDSSS(デュアルシム・シングルスタンバイ)としてしか作用しないと考えた方が良さそうです。

おわりに

というわけで開封レビューでした。

格安スマホでここまで高級感のある仕上がりなのは正直すごいなと思いました。
当然性能面は格安スマホゆえの妥協点があるとは思いますが、とりあえず外観からはかなり期待できる超コスパモデルと言えそうです。

※本日時点ではGearbestでまだまだ安く売られていました。
[参考]OUKITEL U13 4G - Gearbest

-タブレット・スマホのレビュー
-,

スポンサーリンク