ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

スマホの最新情報

5.7インチ大型端末で1万円を切った LEAGOO M8 3G PHABLET!

2017/09/20

中華スマホや中華タブを販売するGearbestを見ていて、すごいアイテムを発見しました。
5.7インチの大型ファブレット(スマホ)で、価格が$74.99(2017年2月16日時点)というものです・・・!

それがこちら。
[参考]LEAGOO M8?- Gearbest

日本円にして8,500円強です。($1=114円ぐらいで換算)

やばいです。
スペックももうしぶんないです。

田舎の母に買ってあげようかと思いましたw
大型だし、見やすそう。

スペックと注意点についてまとめます。

スポンサーリンク

LEAGOO M8のスペック

LEAGOO M8のスペックを一覧にするとこんな感じです。

CPU Mediatek MTK6580
クアッドコア 1.3GHz
RAM 2GB
ストレージ 16GB
Micro SD 128GBまで対応
OS Android 6.0
画面 5.7インチIPS(ゴリラグラス採用)
1280 x 720
カメラ 背面:800万画素(ソフトウェアで1300万画素)
前面:500万画素(ソフトウェアで800万画素)
SIM デュアルSIM
デュアルスタンバイ(ただし、2G+3G)
ネットワーク Wi-Fi 802.11/b/g/n
Bluetooth 4.0
2G:GSM 3G:W-CDMA
バッテリー 3,500mAh
サイズ 15.45 x 7.98 x 6.08 cm
重さ 169g

CPU性能は格安スマホや格安タブレットに使われるものと同等なのであまり期待できなさそうです。
ただ、日本の格安スマホとしてPriori 3 LTEなんかよりは使えそう。

RAMも2GBあるので、ギリギリ使えないスペックというわけではありません。
ストレージの16GBが若干少ない気もしますが、普通に使う分には十分な容量ですし、足りなければMicro SDで補えます。

もうこれだけでなかなか使えそうな印象がありますね。
親にプレゼントするとか、自分のサブ機にするとか、いろいろ妄想が捗りますw

LEAGOO M8の注意点

注意点としては通信方式が3GのW-CDMAしかないことですね。

周波数帯は900MHzと2,100MHz対応なので、docomoとsoftbankのSIMなら行けるはず。
auやY!MobileのSIMは使えないっぽいです。

また、誰かにプレゼントする際には、おそらく技適に通過していない端末であることも配慮した方がいいかもしれませんね。
技適に通過していないアイテムは日本国内で使うと違法ということになります。
誰かに訴えられる可能性があるということですね。(罪になるかは微妙なところですが・・・)

海外旅行でプリペイドSIMを挿せるSIMフリー端末を探している人にはちょうどいいのかなw

おわりに

というわけで、LEAGOO M8でした。
なかなか気になる端末です。

-スマホの最新情報

スポンサーリンク