ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

タブレット・スマホのレビュー

OUKITEL K10000 ProのAntutuスコアとゲームアプリを動かしてみた結果

僕はとにかく新しい端末が手元に来た時にはAntutuというベンチマークソフトを入れることにしています。
今回入手したOUKITEL K10000 Proも早速Antutuでスコアを測定してみました。

OUKITEL K10000 Proはミドル?ローエンドスペックの端末ですが、それでも日常的に使う分には困らないような動作をしてくれます。
スコアだけでなくいくつかのゲームを動かしてみた感想もまとめます。

スポンサーリンク

OUKITEL K10000 ProのAntutuスコアは4万点台前半

早速ですが、Antutuのスコアは以下のような感じでした。

トータルスコアが43140、3Dが7575、UXが16451、CPUが14541、RAMが4573です。
もちろん僕が一回だけ測定した結果なので、何度かやれば細かい数値は変わってくると思います。

細かく見ると、3D[孤立]が4263、3D[ガーデン]が3312。
UX データセキュリティが4853、データプログレスが2119、戦略ゲームが1231、画像処理が5347、I/Oパフォーマンスが2901。
CPU 算数が3083、CPU共通のアルゴリズムが4475、CPUマルチコアが6983で「ミドルエンド、日常使用では満足」と書かれていました。
RAMのスコアは4573です。

UX(ユーザーエクスペリエンス)が同価格帯のU13と比べて圧倒的に低いです。
特に「UX 戦略ゲーム」が低かったですね。

あとはRAMのスコアも負けてます。

CPUスコアが高いのにUXとRAMが低いというのはどういう弊害がでるんでしょうね。
マルチタスクに弱いとか、そういった感じでしょうか。

他のスペックについては以下。

ほぼ公称スペック通りなので問題ないですね。
ストレージだけ32GBとなっていたのが25GB弱なので、7GB強はシステムがもっていってるものと思われます。
・・・そう思うとストレージ容量8GBの端末ってすでにオワコンってことですかね・・・?

CPUはMediatek製のMT6750T、GPUはARMのMali T-860というもの。
調べてみたところ、GPUは2014年時点ではハイエンド端末に搭載されていたものみたいですね。

画面のマルチタッチが最近の端末では珍しい、5点タッチでした。
僕の場合ほとんど「2点あれば十分」なので問題ないのですが、ピアノのアプリのように両手の指をフルに使ってなにかしたい場合には正常に動かないということになります。

デレステはタッチ反応しないときも・・・?

今回、アイドルマスタースターライトステージ、Pokemon Go、KOF '98 UMOL、星のドラゴンクエストをプレイしてみました。

デレステの描画デフォルト設定は最低ランクの2D軽量だったのが意外です。
GPU性能でいえばT-860よりも古いT-720が搭載されているOUKITEL U13において「3D標準」だったのに・・・GPUはそこまで関係ないのかな。
でもAntutuの3Dのスコアも勝ってたのにな・・・一筋縄ではいきませんね。

無理やり3D標準で動作させてみたところ、特にカクつくとかはなかったんですが、何度となくタッチを拾えていなかったような気がしました。
これが3D標準にしたせいなのか、端末のせいなのか、僕の腕のせいなのかはなんとも言えないところです・・・。
後日また確認しようと思います。
※追記:2D軽量なら余裕でタッチ拾えてたので、やっぱり3Dが問題だったのかも・・・と思いましたが、その後3Dでやってもそこそこ拾えていたのやっぱり僕の腕の問題かも・・・。
ただ若干フレームレートが落ちているような気がしないでもないです。

また、デレステを起動させてしばらく遊んでいたら端末がかなり発熱していたのも不安に感じました。
大きなバッテリーを積んでることが放熱に関係しているんでしょうか・・・?
特に背面のカメラまわりにある金属パーツが熱くなってた印象です。

Pokemon Goに関しては、インストール、動作確認はOK。(中華スマホの場合、純正Android OSじゃないものが多く、その場合にはインストールすらできないこともあるので)

ジャイロセンサー搭載機ではないのでARモードは使えません。
正直要らない機能だと思ってるので問題ありませんが・・・w

ただ、動作確認をした僕の地元はポケストップ密集地帯ではないので、そういった場所でも快適に動くのかは不明。

KOF '98 UMOLは重い動作があるようなゲームではないので問題ないと思っていたのですが、バトルに入る際に一瞬画面が固まるというのを何度となく繰り返しています。
それ以外はおおむね良好。

星ドラも戦闘シーンや画面の切り替わりで少しもたつくことがありますが、特に問題ないかな・・・といった程度です。

以上4つのゲームアプリから、スマホゲームを快適に動かすのには向かないかもしれない端末、と考えられるかもしれないですね。
普通に動かすことはできるけれど不安な部分も多い感じです。
ちょっと惜しいですね。

おわりに

というわけで、Antutuスコアとゲームを動かしてみた結果でした。

他にもマンガアプリなんかを動かしてみていますが、本当に「日常使い」ならなかなか快適に使える端末と言えます。
ゲームだけが少し弱いのかなーと言った感じですね。

参考までに。

-タブレット・スマホのレビュー
-, ,

スポンサーリンク