ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

タブレット・スマホのえらびかた

Dual SIM Dual Standbyで3G+4Gとして認識されるスマホはどうやって探せばいいのか?

2017/08/25

先日入手したOUKITEL U13。
かなりコスパに優れているというか、格安スマホとしてはかなり快適に使えています。

が、入手前情報で期待していたDual SIM Dual Standby(以下DSDS)が「2G + 3G/4G」という仕様なため、厳密には日本国内でDSDS機種として使うことはできませんでした。
※日本では2G(GSM)を使う事業者がいないため。
[参考]デュアルSIMの種類(DSDA、DSDS、DSSS)のまとめ。ダブル待ち受けができるのは?

海外で使う分には片方のSIMスロットに2G、もう片方に3Gまたは4GのSIMを指してDSDSとして使うことができます。

では、日本においては実質のDSDSとして使える機種はないのでしょうか。

スポンサーリンク

日本でDSDSとして使える機種もある

結論から言うと、日本でもDSDSとして使える機種(つまり3G+3G/4Gとして認識されるもの)もあります。
中国においては全網通3.0と言われているそうです。
[参考]ディアルSIMスマホ 全網通(全网通)3.0について - ITSを疑う

だいたいハイエンドなデュアルSIMスマホはこの仕様になっていると聞きます。

販売店(Gearbest)の担当者に確認したところ、OnePlus 3T、LeTV LeEco Le Max 2 X829、Xiaomi Mi5s、Lenovo ZUK Z2 Proあたりは全網通3.0だとのこと。
※ただし実際に試したわけではないそうです。

では全網通3.0対応か否かを見極める方法はないのでしょうか。

Gearbestでの全網通3.0の見極め方

担当者によると、「GSMの周波数800MHz以上、3G/LTEの対応バンド帯Band5(850MHz)を満たしている機種なら対応」とのことです。

あくまで、この規格を満たした機種が現時点において日本国内でのDSDSに対応しているというだけで、この規格を満たせばかならずDSDS対応というわけではない点には注意が必要です。
確かに日本国内でもDSDS対応しているFREETELのKIWAMI2なんかはGSMが850MHz、3G/LTEもBand5をサポートしているためそこそこ信憑性があるのではないでしょうか。

※・・・と、思いましたが、当初DSDSと謳われていたPriori 4に関しては同条件を満たしていながら「国内で仕様できるのは1スロットのみ」と注釈が入っていたため、やっぱり条件を満たしていれば確実というわけではなさそうですね・・・。
また、DSDS対応の国内最安値スマホといえるgooのg07に関してはGSMも3G/LTEも同条件を満たしていませんでした。
あくまでGearbestで扱っている商品に関してのみに適用される条件と考えた方が良さそうです。

ちなみに僕が現在使っているOUKITEL U13はGSMが850Mhzをサポートしているものの、3G/LTEに関しては850MHzをサポートしていませんでした。

追記

全網通は全网通 はどういう意味ですか?において、

means adapt to chinese three network operators:china mobile,china unicom, china telecom

と記されていました。

全網通という意味だけだとDSDS対応というより中国の主要キャリアで使える、という意味みたいですね。

全網通3.0対応スマホ

上記、担当者によって「DSDS対応」と言われたスマホを簡単に紹介します。

OnePlus 3T

言わずと知れたハイエンドな人気機種ですね。

僕からすると高額で手がでないんですが、ガンガン売れてるみたいです。
Snapdragon 821 (2.35GHz)に6GB RAM、64GBストレージ、そして使い勝手がいい(らしい)Oxygen OS搭載の5.5インチ4Gファブレット。

[参考]OnePlus 3T?- Gearbest

現時点(2017.3.18)で$439.99なので・・・5万円強といったところですね。
国内ハイエンドスマホを買うよりは安いですが、やっぱり僕には手がでません・・・

※追記:後継機種OnePlus 5をゲットしましたが、ヤバイです。
[参考]OnePlus 5の開封レビューとファーストインプレッション!現時点で最強のスマホだこれ

LeTV LeEco Le Max 2 X829

LeTVという僕は聞いたことのないメーカー(勉強不足ですみません)ですが、5.7インチのスマホ(ファブレット)にスナドラ820を積んで199.99(送料込み)というお買い得アイテムです。

[参考]LeTV LeEco Le Max 2 X829?- Gearbest

国内最安値であるDSDS機種の19800円には惜しくも及びませんが、ほぼ同じぐらいの価格でSnapdragon820 (2.15GHz)に4GB RAM、64GBストレージという仕様はコスパ高すぎではないでしょうか。

Xiaomi Mi5s

安価にいいものを提供していたシャオミもSnapdragon 821を搭載して$400台というスマホを展開しています。
こちらもDSDS対応(らしい)

[参考]Xiaomi Mi5s?- Gearbest

Oneplusを買うよりはやや安価ですが性能もやや低いので・・・好みに応じてってところですね?

おわりに

というわけで、主に中華スマホにおけるDSDS機種の探し方についてでした。

一応注釈を入れておきますが、中国から直輸入するスマホの場合、技適を通っていないものがほとんどです。
技適の通っていない端末を日本で使うことのリスクについては理解のうえで自己責任でお願いいたします。

Gearbestでの買い物方法

※Gearbestでの買い物の仕方はこちらの記事で紹介しています。
[参考]中華ショッピングサイトGearbestでのオーダー方法や注意点

Gearbestでクーポンを適用させる方法はこちら。
[参考]Gearbestでクーポンを使う方法。

-タブレット・スマホのえらびかた

スポンサーリンク