ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュースまとめ

タブレットのコラム

Onda oBook 20 PlusでGetting Windows ready Don't turn off your computerが終わらない。

obook_getready

先日入手したOnda oBook 20 Plusですが、Windowsアップデートがかかった時なのかなんなのか、OSの切り替えやシャットダウン時に「Getting Windows ready Don't turn off your computer」というブルーバック画面になって、そのまま動かなくなることがありました。

これは日本語で言うと「ウィンドウズを準備しています。電源を落とさないでください」ということなので、安易に電源ボタン長押しとかもしちゃダメなんじゃないかと思うんですが、いつ終わるのか答えが見えずに困り果ててしまいます。

この時の注意事項というか、調べたことについてまとめました。

スポンサーリンク

Windows 10でGetting Windows readyがでたら・・・

さて、この表記が出ている時にWindowsで何が起きているかというと、何らかのアップデートファイルを適用していたりダウンロードしていたりするみたいです。

なので、本来は待つしかありません。

とにかく待つ

その時間は2分かもしれないし1時間かもしれない。
もしかしたら1日かもしれない・・・。

お使いの端末によってまちまちだと思うので、そこらへんはなんとも言えません。

でもとにかく待ちましょう。
僕の場合はだいたい1時間するかしないかぐらいで復帰してくれました。

ただし、中には「本来は起動準備ができているのに画面が切り替わっていないだけ」という場合もあるんだとか。
そんな時の為には以下の2つを試してみるべきかもしれません。

タブレットならスリープ解除ボタンを押してみる

Windows 10タブレットなら、スリープのオンオフで起動準備が終わることもあるそうです。
僕の場合はオフにしてまたオンにしてもブルーバックのままでした。

Ctrl + Alt + Delを押す

Windowsユーザーにはお馴染みの魔法のコマンドCtrl + Alt + Delを押しても復活するかもしれないという噂もあります。
タブレットでキーボードに接続していない場合には無理ですが、他のコマンドで同様のものがあるかもしれません。

Onda oBook 20 Plusの場合、電源ボタンと音量小の同時押しがCtrl + Alt + Delと同じ役割を持っています。

最悪は電源を強制的にオフ

本当に数時間から1日待たされるようなら、電源を強制的にオフにして再起動する方も少なくありません。
そんなことぐらいで起動しなくなるようなヤワなウィンドウズではないと思いますが、強制シャットダウンは何が起こるかわからないので(そもそも現在どんなプロセスを行っている最中なのかもわからないので)覚悟が必要です。

-タブレットのコラム