ぼくはタブレッ党

初心者のためのタブレット情報とタブレットニュース(と、中華ガジェット)まとめ

タブレット・スマホのコラム

OUKITEL U13のスペック表にある「SW 16.0MP」についての考察

OukitelのU13というファブレットが気になっていると以前の記事で書きました。
[参考]$200未満でオクタコア!超コスパスマホ(ファブレット)OUKITEL U13 4Gのスペックまとめ

このファブレットで、じつは一点だけ気になっていた項目があります。
それはカメラのスペックです。

公式の画像によれば

16MP Rear Camera

U13 owns a 16MP rear camera, together with anti-shake technology, assures you high resolution photos

となっており、1600万画素の手ぶれ防止機能付きのカメラであることがわかります。

が、Gearbestの解説では

Cameras: 8.0MP ( SW 13.0MP ) front camera + rear camera 13.0MP ( SW 16.0MP ) with flash light and AF

と書かれており、リアカメラは13.0MP(1300万画素)で「SW 16.0MP」とのこと。
※MPはMega Pixel = 100万画素

SW 16.0MPってなんだろう・・・?
と思って調べてみたんですが、いまいちよくわかりませんでした。

ただ、これかなーという予想はついたので触れておきます。
正解をご存じの方がいたら教えて頂けると幸いです。

スポンサーリンク

SWはハイレゾ変換機能のこと?

結論から書きますが、僕の予想では「SW」は「SoftWare」の略ではないかと思います。

つまり、1300万画素のカメラで撮影した画像を、内部のソフトウェアによって1600万画素に変換しているのではないでしょうか。

カメラの画素数というのは撮影した画像のピクセル数を表しますから、1300万画素は16:9の画像で考えると4800 x 2700dpiぐらいだと思います。
これを5280 x 2970dpiぐらいにまで引き延ばせば1600万画素ぐらいになります。

ただ単純に引き延ばしただけとは考えにくいので、ソフトウェアを用いて補正しているのではないかと思われるわけです。

つまりカメラそのものは1300万画素までに対応した技術のもので、それを1600万画素相当に変換することで「リアカメラは1600万画素だぜ!」と言っているのかなと。

インターポーレーション

実はOUKITELの同価格帯機種であるU20のカメラの説明では

13.0 MP(16MP Interpolated) rear camera

と書かれています。

これはインタ―ポーレーションという処理を行うことで、1300万画素の写真を1600万画素に補正するというものでした。
インターポーレーション自体は僕には難しくて理解できなかったんですが、単純に引き延ばすだけの技術ではなさそうです。
画素と画素の間をうまく補うことで、一応綺麗に見えるようにはなるみたいです。

ただ、当然ながらもともとの1300万画素のカメラで撮影する画像とは別物になりますね。
画素数=綺麗さではないのはわかりますが、そのソフトウェアをどこまで信用できるかがポイントになりそうです。

OUKITEL U13はまだ入手していないのでわかりませんが、たいていAndroidに搭載されているカメラなら撮影解像度を設定する項目があると思うので、元の1300万画素と補正された1600万画素でどちらが綺麗に映るか?を検証してみるのもありかもしれません。

(元の画素数を選べば補正が入らないという保証もありませんがw)

手ぶれ補正は期待

ついでなので、もう一つのセールスポイントである「anti-shake technology」についても触れておきます。

anti-shake technologyはそのまま訳せば「手ぶれ防止機能」だと思われます。
公式ではこのように書かれていましたが、Gearbestで貼られていた画像には「OIS (Optical Image Stabilization)」と記載がありました。

OISは「光学式手ぶれ補正」のことで、(例によって詳しくはわかりませんが)撮影した画像に加工して手ぶれを補正するのではなく、撮影時のレンズやイメージセンサーの位置を補正することで手ぶれを抑える機能なので、画質の劣化がありません。

この価格帯のファブレットで正常に動作してくれる光学手ぶれ補正があるのなら嬉しいですね。

OUKITEL U16 4G?- Gearbest
本日(2017.1.20時点)でGearbestにおいて$129.99です。安すぎ・・・。

おわりに

というわけで、気になるOUKITEL U13のカメラについての考察でした。
あくまで僕が「こうじゃないか?」と思っただけの内容なので間違っていたら申し訳ありません。

ただ、もし16MPのカメラを使っているのなら「13MP」という記載はないはずですし、なんらかの方法で13MPのカメラを16MP相当に偽装しているのではないかと思います。

と言っても、13MPって画素数だけで言えばiPhone7の12MPを凌駕しているわけで・・・かなり十分だと思うんですけどね。

・・・でもiPhoneって画質いいんだよなぁ・・・。
実際に写真を撮り比べてみたいところですね。

-タブレット・スマホのコラム

スポンサーリンク